read ([self]0.002 sec. | [full]0.016 sec. | [norm]0.005 sec. | [hide]0.011 sec.)

ステータス †[edit]

STR †[edit]

近接攻撃職にはとても重要なステータス。
1上げるごとにATK(基本攻撃力)が1上がり、
さらにSTRの10の位を2乗した数がボーナスとしてATKに加算されます。
例えば、STR129と130の間には大きなATKの差があるということです。
基本的には10の倍数を狙って上げていきましょう。
テコンのSTRボーナスは最大で6なので、STRの下一桁は4、
拳聖の場合は最大ボーナスは12なので、下一桁は8にすると良いでしょう。
もちろんマンティスCやSリングなど、最終装備次第で再調整を。

R後はSTRボーナスが下がりその重要性は低下したものの、
未だにどのような型でも必要とされるステータス。

また、STRが1上がるごとにアイテムを持てる最大値が30上がります。

AGI †[edit]

近接攻撃職のみならずとも重要なステータス。
1上げるごとにFLEE(回避率)が1増え、ASPD(攻撃速度)も上昇します。
高レベルのモンスターの攻撃を回避したいのなら、特化しないとマトモに避けられません。
ちなみにFLEEはベースレベルが1上がるごとにも1増えます。
しかし、いくらFLEEが高くても最大回避率は95%までです。

ASPDは数値が大きくなるほどその差が顕著に現れます。
たとえばASPD130と131はあまり差がないのですが、
182と183の差はそれなりに体感できます。
攻撃は最大の防御、ダメージを多くもらう前に目の前の敵を倒したいものです。
ASPDは間接的に攻撃力を上げているようなものですから。

拳聖では基本的に50↑振る事になるでしょう。

VIT †[edit]

GvGが始まったとたんに日の目を見ることになったステータスです。
1上げるごとに最大HPが1%増え、HP自然回復速度も増え、
回復アイテムの効果も2%上がり、受けるダメージも絶対数で0.8ほど減少します。
状態異常への耐性や回復速度にも影響します。

最大HPの1%は微々たるものですが、ステータスは30まで程度ならすぐ上がるものです。
最大HP30%や回復アイテムの効果60%増は意外とありがたいものです。
特にGvGではダンサーのスクリームに対して抵抗するための数少ない手段ですから。
それに何より、最大HPが高ければ高いほど一撃死の確率を減らすことができます。

受けるダメージの減少ですが、これはもはや微々たるものです。
VITを100にしたとしても、受けるダメージは絶対数で80の減少になるわけで。
VIT60以上からあからさまなボーナスが入るので以外と被ダメが変わります。

状態異常への耐性ですが、毒やスタンを受ける確率が減少し、
その状態になっている時間も減少するということです。
VITに特化すれば、状態異常を怖がる必要はほぼなくなります。
(VIT100になると状態異常の持続時間がゼロになるため、事実上効かなくなります)
早熟なステータスなので、申し訳程度に振ったとしても見返りはあるでしょう。
AGIを少しだけ削って、その分VITにつぎ込むのも悪くありません。

拳聖ではそのスタイルにおいてVITの振り方が大きく異なります。
温もり型であれば30程度のVITを振り安定性を求めるケースもあります。
GV型はエンペ高速殴りであればAGI特化になるためVITは低めになりますが、妨害するならスタン対処に高めに振る場合があります。

INT †[edit]

実は多機能なステータス。
1上がるごとに最大SPが1%上がり、SP自然回復速度も上がり、
MATK依存スキルによる攻撃力も上がり、
そして意外と知られていませんがMDEFも上がります。
その副作用として、凍結状態への耐性が生まれます。

VITと同じく、最大SPの底上げという点で少しだけ振るのも有効です。
さらにSP回復速度にも期待を持てます。
INT9と30とではなかなか変わってくるものです。

拳聖ではそのスタイルにおいてINTの振り方が大きく異なります。
温もり型であればもち・かぼちゃパイの回復量、自然回復量を増やす目的で、
INTを12〜30程度振るのも良いでしょう。

DEX †[edit]

1上がるごとにHIT(命中率)が1上昇し、ASPDが若干上昇(AGIよりは上がらない)、
通常攻撃の最低ダメージを底上げし、通常攻撃力が下記の通り上昇し、
スキルの詠唱速度も短縮されますが拳聖には必要ありません。

LUK †[edit]

LUKが5上がるごとに通常攻撃力が1増加し、
1上がるごとにクリティカル発生率が0.3%増加し、完全回避率が0.1%増加します。

拳聖ではそのスタイルにおいてLUKの振り方が大きく異なります。


Last-modified: 2010-11-26 (金) 17:03:11