ステータス [edit]

STR [edit]

近接攻撃職にはとても重要なステータス。
1上げるごとにATK(基本攻撃力)が1上がり、
さらにSTRの10の位を2乗した数がボーナスとしてATKに加算されます。
例えば、STR129と130の間には大きなATKの差があるということです。
基本的には10の倍数を狙って上げていきましょう。
テコンのSTRボーナスは最大で6なので、STRの下一桁は4、
拳聖の場合は最大ボーナスは12なので、下一桁は8にすると良いでしょう。
もちろんマンティスCやSリングなど、最終装備次第で再調整を。

また、STRが1上がるごとにアイテムを持てる最大値が30上がります。

拳聖ではそのスタイルにおいてSTRの振り方が大きく異なります。
温もり型であればSTRは最優先で補正込み100を目指しましょう。
テコン延長型・悪魔型などは最初STRを低めに抑えてASPDを稼ぐのも手です。

AGI [edit]

近接攻撃職のみならずとも重要なステータス。
1上げるごとにFLEE(回避率)が1増え、ASPD(攻撃速度)も上昇します。
高レベルのモンスターの攻撃を回避したいのなら、特化しないとマトモに避けられません。
ちなみにFLEEはベースレベルが1上がるごとにも1増えます。
しかし、いくらFLEEが高くても最大回避率は95%までです。

ASPDは数値が大きくなるほどその差が顕著に現れます。
たとえばASPD130と131はあまり差がないのですが、
182と183の差はそれなりに体感できます。
攻撃は最大の防御、ダメージを多くもらう前に目の前の敵を倒したいものです。
ASPDは間接的に攻撃力を上げているようなものですから。

拳聖ではそのスタイルにおいてAGIの振り方が大きく異なります。
温もり型であればAGI1/LUK9で作成し、AGIは振らずSTR>DEXで完成させることになります。
テコン延長型・悪魔型などは蹴りスキル発生のためAGIを早めに完成するのも手でしょう。

VIT [edit]

GvGが始まったとたんに日の目を見ることになったステータスです。
1上げるごとに最大HPが1%増え、HP自然回復速度も増え、
回復アイテムの効果も2%上がり、受けるダメージも絶対数で0.8ほど減少します。
状態異常への耐性や回復速度にも影響します。

最大HPの1%は微々たるものですが、ステータスは30まで程度ならすぐ上がるものです。
最大HP30%や回復アイテムの効果60%増は意外とありがたいものです。
特にGvGではダンサーのスクリームに対して抵抗するための数少ない手段ですから。
それに何より、最大HPが高ければ高いほど一撃死の確率を減らすことができます。

受けるダメージの減少ですが、これはもはや微々たるものです。
VITを100にしたとしても、受けるダメージは絶対数で80の減少になるわけで。
VIT60以上からあからさまなボーナスが入るので以外と被ダメが変わります。
一撃でHPを400ほど持っていかれる今日では、
防具精錬に命を賭けているような人にしか対して役に立たないかもしれませんが。

状態異常への耐性ですが、毒やスタンを受ける確率が減少し、
その状態になっている時間も減少するということです。
VITに特化すれば、状態異常を怖がる必要はほぼなくなります。
(VIT100になると状態異常の持続時間がゼロになるため、事実上効かなくなります)
早熟なステータスなので、申し訳程度に振ったとしても見返りはあるでしょう。
AGIを少しだけ削って、その分VITにつぎ込むのも悪くありません。

拳聖ではそのスタイルにおいてVITの振り方が大きく異なります。
温もり型であればSTR>DEXであっても30程度のVITは振れますし、DEXを抑えてVIT50〜60程度振り安定性を求めるケースもあります。
テコン延長型・悪魔型などはあまり上げる余地はありませんが、それでも30程度あると安定します。
GV型はエンペ高速殴りであればAGI特化になるためVITは低めになりますが、妨害するならスタン対処に高めに振る場合があります。

INT [edit]

実は多機能なステータス。
1上がるごとに最大SPが1%上がり、SP自然回復速度も上がり、
MATK依存スキルによる攻撃力も上がり、
そして意外と知られていませんがMDEFも上がります。
その副作用として、凍結状態への耐性が生まれます。

VITと同じく、最大SPの底上げという点で少しだけ振るのも有効です。
さらにSP回復速度にも期待を持てます。
INT9と30とではなかなか変わってくるものです。

拳聖ではそのスタイルにおいてINTの振り方が大きく異なります。
温もり型であればレモン・もちの回復量を増やす目的でINTを12〜30程度振るのも良いでしょう。
テコン延長型・悪魔型などはあまり上げませんが、蹴りスキル連打のために少し上げるのも宜しいです。

DEX [edit]

1上がるごとにHIT(命中率)が1上昇し、ASPDが上昇、
通常攻撃の最低ダメージを1だけ底上げし、通常攻撃力が下記の通り上昇し、
スキルの詠唱速度が下記の通り短縮されます。
ASPD上昇の効果ですが、これはAGIに対して4分の1しか効果がありません。
DEXを100にしても、AGIを25にするのと同じなんですね。

拳聖ではそのスタイルにおいてDEXの振り方が大きく異なります。
温もり型であれば怒りによる攻撃力増加要素として必須であり、オウルのようなBOSS属性のMOBと戦うためのHITも要求されます。
テコン延長型・悪魔型などは補正込み40〜60程度あれば良いでしょう。

LUK [edit]

不必要が職業によってはっきり分かれるステータス。
LUKが5上がるごとに通常攻撃力が1増加し、
1上がるごとにクリティカル発生率が0.3%増加し、完全回避率が0.1%増加します。

拳聖ではそのスタイルにおいてLUKの振り方が大きく異なります。
温もり型であれば怒りによる攻撃力増加要素として10程度あれば幾分足しになるでしょう。
テコン延長型・悪魔型などは切ってしまって良いです。